認定被害者

後遺症を認められています。

施術医師の診察を受けてみればいい。

雇われ側の立場が組織に逆らうのは不可能だと思います。

情報開示請求や適切に対応をしない理由などを直接聴いてみて下さい。