認定被害者

後遺症を認められています。

被害者を診断した医師は先見の明がある。

レーシック後遺症を訴える患者は山程増える中で屈折矯正手術を推進する医師とは大違いです。