認定被害者

後遺症を認められています。

なってしまったものは、受け容れるしかない。

それからどうするかを考えるべきです。