認定被害者

後遺症を認められています。

レーシックは完璧でもなく後遺症も出ます。

手術自体は安全性が高いです。

眼鏡やコンタクトレンズに代わる矯正方法として屈折矯正手術があります。

少数の被害者(検査結果に異常がある患者)に目が向けられていない事は問題があります。

メリットばかり伝えるクリニックのやり方にも慣れは必要。

選択医療ですから、規則や適応を守り施術を受けた場合には当然受け入れる必要があります。