認定被害者

後遺症を認められています。

倫理観のない人達。

角膜混濁を併発した患者に対して名誉毀損で訴える医師もいれば、

被害情報をネットに書いただけで情報開示請求をする弁護士もいる。

人としての正しさや社会正義は最低限必要だと思います。

角膜に一番負担をかけない視力矯正方法は眼鏡です。

角膜に負担の大きいレーシックや失明リスクもある眼内レンズを簡単に薦める所では受けない方が賢明。

白内障予防の為にも、一般人の方も日常的にサングラスをかけた方が良いです。

施術医師の診察を受けてみればいい。

雇われ側の立場が組織に逆らうのは不可能だと思います。

情報開示請求や適切に対応をしない理由などを直接聴いてみて下さい。

被害者を診断した医師は先見の明がある。

レーシック後遺症を訴える患者は山程増える中で屈折矯正手術を推進する医師とは大違いです。

人生と向き合う。

惰性で生きられるなら余裕はありますが、大半の被害者は余裕はないです。

黙っていても改善されないのなら、現実と向き合うしかありません。

思考しているだけや、愚痴や言い訳をするだけなら一生そのままです。

広告を非表示にする

レーシッククリニックから情報開示請求や名誉毀損をされた患者は何人居ますか。

そのようになった経緯や詳細をまとめて頂けると助かります。

自由診療は効果も高いけど、リスクも高いのを理解した方が良い。

しっかりと医学的根拠を理解しない医師に沢山削られて後遺症を患って泣き寝入りじゃ後悔しきれませんから、

不可逆や完璧でないものを受ける時には、人生が悪くなる可能性もある覚悟を持って受けるべきだと思います。

ネット情報や表面情報なんてのは全く当てになりません。